10月11日 ケイチューン

由留木さんがBOSSでテストを
している時に、僕と古川君でケイチューンに行ってきました。

MRX5が発売されてからBOSSとケイチューンでテストをしていますが、大体似たようなセッティングで走るようになってきました。

皆さんシェイクダウンを終えた方、これからの人も居ると思いますが、これからシェイクダウンって方も参考にしてもらうと良いかなと思います。


まず、ダンパースプリングはフロントグレー
リヤホワイト、ホワイトで車が押しすぎて曲がらない時はグレーにします。

どこのサーキットでもグレーやホワイトの前後スプリングは大きく外す事は無いので、この辺からスタートする事を勧めます!
ダンパーオイルは600番ピストンは
1.3ミリの1つ穴リヤは1.1ミリ(キット標準)2つ穴で600番を使用しますが、フロントの反応が欲しい場合は500番にすると反応がよくなります。

リヤに500番を使用すると、動きが軽くなるのでリヤの動きが重い時には500番を使用すると良いでしょう。

僕の場合はフロント500番リヤ600番を基本として、予備にリヤ500番を組んで持っています。

車幅はフロント253ミリ リヤ263ミリにしています。

ステアリングアッカーマンは1番前にしていますが、グリップが良くステアリングがピクピクしてしまう時は下げていく方が良いでしょう!


他はキットに付属しているセッティングシート通りです。


使用しているオプションはカーボンバッテリーホルダーとフロントアップライトアッパープレートC(H2131)を前側で使用してキャスターシムは前側2ミリです











タイヤはもちろんZACでコースによってホイールキャップを着けたり外したりしています。

車につけるアップライトカーボンディスクもコースや車の状態によって着けたり外したりしています。

ケイチューンでは、ホイールキャップもアップライトカーボンディスクも無しが良かったです。このパーツを使用すると非常に車の直進性が上がり、車の動きがわかりやすくなります!
しかしアンダー気味にもなるので車の状態によって使い分けるセッティングパーツとして持っていると良いと思います。







Kazuya Yuruki


戦歴
1998年 JMRCA 1/8 全日本 7位
2000年 JMRCA 1/10 全日本 5位
2001年 JMRCA 1/10 全日本 2位
2002年 JMRCA 1/10 全日本 6位
2005年 JMRCA 1/8 全日本 4位
2006年 FEMCA 1/8 アジア 3位
2006年 JMRCA 1/8 全日本 3位
2007年 FEMCA 1/8 アジア 優勝
2007年 JMRCA 1/8 全日本 7位
2007年 JMRCA 1/10 全日本 5位
2008年 JMRCA 1/8 全日本 3位

コメント等はお受けしておりません。予めご了承ください。

お問い合わせはコチラまで。

ウェブページ